主な社会統計 - 保健衛生

チュニジアでは、様々な社会開発プログラムの実施によって、多くの保健衛生指数が継続的に改善されています。
1966年に51歳だった平均寿命が2008年には74.3歳に、1967年に15%だった死亡率が2008年には2.6%に減少しました。
1966年138.6%だった乳児死亡率が2007年には18.4%に減少、1984年70%だった子供の予防接種率が2007年には95%以上になりました。

平均寿命
1966 1984 1999 2007 2008
51歳 67歳 72.1歳 74.2歳 74.3歳
乳児死亡率(1000人につき)
1966 1984 1999 2007 2008
138.6 51.4 26.2 18.4 18.4