主な社会統計 - 人口の変遷

1966年の3パーセントから2009年には1.19%に抑制された人口増加率の上に、女性の就学率の増加と社会進出、母子のヘルスケアプログラムも強化され、女性が働きやすくなり、人口増加率も1966年の3.01%から2009年は1.19%に減少、人口政策が成り立っています。

人口の変遷
1966 1994 1999 2002 2007 2008 2009
4,583,200 8,815,400 9,455,900 9,781,900 10,225,400 10,328,900 10,434,400
人口増加率
1966 1984 1994 1999 2007 2009
3.01% 2.58% 1.7% 1.1% 1.09% 1.19%