経済 - 経済成長とマクロ経済の均衡

1987年11月7日以来、チュニジアの開発政策は以下のことを実現してきました。

  • 1982−1986の5ヵ年において2.4%の経済成長が、1987−1999年期間では年平均4.6%以上
  • 開発分野における民間セクターの増大、また1997年には民間投資が51.5%へと増加
  • 国家の赤字予算、債務の慢性赤字を抑制。1987年に26.3%だった負債義務は15.6%に減少
  • 1982年に14.1%だったインフレ率が1999年には2.7%に減少

国内総生産(単位:100万ディナール)
1986 1999
7,160 24,671.1
負債義務
1987 1999
26.3% 15.6%
総固定資産(単位:100万ディナール)
1987 1999
1,737.5 6,268.9
負債率
1986 1999
57.9% 51.5%