経済 - 経済の開放

過去の経験と国際情勢の変化とそのインパクトを客観的に分析することにより、チュニジアは世界経済への統合を選択しました。
このチュニジアの方向性と選択の有効性は、以下のことがらに如実に表れています。

  • 過去数年、平均6パーセント以上の輸出増加を実現して、海外市場での占有率増加に寄与
  • GDPに占める輸出割合が1986年には34.7%だったが、2007年には50.7%へと増加、また海外投資は1986年に1億ディナールであったのが、2007年には、21億ディナールに増加するなど、経済開放が著しく進行
  • 輸出全体に占める製造業の割合が1986年度には62%だったのが、2007年には84%に増加しているように、輸出構造そのものが改善

商品、サービスの輸出額(単位:100万ディナール)
1987 2001 2007
2,146 13,800 22,407
GDPに占める輸出額の場合
1986 2001 2007
34.7% 47.2% 50.7%
輸出における製造業の割合
1986 2001 2007
62% 86.5% 84.4%
海外投資(単位:100万ディナール)
1986 2001 2007
100 718 2,157

(Source: http://www.tunisieinfo.com/ )