文化 - 博物館・文化施設

異文明のるつぼチュニジアではつねに文化活動が盛ん、著名な博物館や文化施設があり、各種の国際フェスティバルも1年を通して開催されています。

サハラ

サハラ

文化施設ではさまざまな催し物があり、ボルジェ・エル・バクシェ(Borj El Baccouche)のナショナル・ダンス・センター、現在はアラブおよび地中海音楽の中心地となったハウス・オブ・バロン・デルランジュ(House of Baron d'Erianger)、ベイ時代をカバーするフセイン博物館、現代美術博物館、チュニス国立文化センター、さらにハマメット(Hammamet)の国際文化センターは、ハウス・オブ・メディタレニアン(地中海)として一新されました。これは劇場芸術に焦点を絞ったものです。文化施設「ベイト・エル・ヒクマ(Beit el Hikma)」は現在、科学、芸術、文学の専門教育機関となっており、チュニジアの文化的かつ知性的な生活に貢献しています。

チュニジアでは、数多くの国際フェスティバルを主催しており、カルタゴ、ドゥガ、ハマメットのサマー・フェスティバル、エル・ジェムのクラシック音楽祭、ドゥズ(Douz)のサハラ・フェスティバル、カルタゴの映画祭、ジェルバ(Jerba)の神話映画祭、カルタゴの演劇祭などがあります。

チュニジアの博物館には非常に貴重な傑作が収蔵されています。19世紀、ベイの宮殿であったバルドー博物館には世界最大の古代ローマのモザイクのコレクションがあります。世界に名高い逸品の一つ、バルドー博物館の「ヴァージルとミューズの女神たち」は、ルーブル美術館「モナリザ」といえます。その他、おもな博物館は以下のとおりです。

  • カルタゴ考古学博物館
  • ケロウアン博物館(イスラム芸術)
  • エル・ジェム博物館(古代ローマのコロセウム)
  • モナスティール(Monastir)のリバット(Ribat)および博物館(歴史と民族の伝統)
  • チュニスの芸術および民族の伝統に関する博物館
  • トズール(Tozeur)のダール・セライト(Dar Chraiet)博物館(民族の伝統)